映画「フライト・ゲーム」あらすじ

主人公のビル・マークスは航空保安官です。仕事のため客を装い、ニューヨークからロンドンへ向かう旅客機へ搭乗。優しい側面はあるものの、トイレでタバコを吸ったり酒癖が悪かったりとビルの素行の悪さが垣間見えます。ビルが飛行機に乗った後、携帯に何者かがメールを送りつけてきました。1億5000万ドルを指定口座に送金しなければ、20分ごとに機内の誰かを1人殺すという内容に、ビルは疑いつつも対応を始めます。ビルは元警官であり航空会社の人間、ハモンドと機長に相談しますが信用してもらえません。犯人とメールのやり取りをしている時に、警備モニターでチェックをして犯人を特定しようとします。信用のおける乗務員と隣の席になった女性に頼み、チェックを始めますがハモンドが対象に入りビルは困惑します。第1の殺人が起こり、ビルは本格的に犯人の特定と次の犯行を食い止めるため、乗客の身体検査を始めます。身体検査を行い、犯人の予告した20分が過ぎるまで目を光らせていても第2の殺人が起こってしまいます。ビルの行き過ぎた言動に乗客が不審な目を向け、保安局が乗客名簿を調べても不審な点は一向に見つかりません。犯人が大金を送金するために指定した口座が、ビル名義だったため疑いの目が向けられます。とうとう第3の被害者が現れ、ビルはハイジャックの疑いをかけられて報道までされてしまいます。不安と混乱が広がる機内では、ハイジャックの疑いがかかったビルを拘束しようと、腕に覚えのある乗客たちが立ち上がります。

映画「フライト・ゲーム」感想

犯人とメールのやり取りをするシーンはスリルがあります。最初の頃はビルにしか事の重大さが分かっていないため、とても静かに進んでいきます。一人目、二人目、三人目となるとさすがに乗客も不審に思い始めます。最後までビルを信じて助け続けた女性の乗客と乗務員の存在が救い。一人目の被害者で犯人の尻尾を掴んだように思いましたが、その人も脅されていました。乗客名簿を調べても不審な点はなく、どこにでもいる普通の人たちを疑うのは神経が参りそう。この映画は2~3回観ましたが、最初に観た時は混乱しました。怪しいと思えば誰もが怪しく思えるのですから。協力者だと思った人間が、牙を見せた瞬間、ビルの仕事の大変さが伝わってきました。信用のおける人間がいないと仕事はできず、一人で見えない犯人と闘うのは無理があります。ラストに向けて一気に話が展開していきますが、その加速が具合が良かったと思いました。こんな事件を起こした犯人の動機がちょっと弱いように思いました。